ガラス修理・交換のことならガラス修理なび!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7828

スタッフ待機中

ガラス修理の無料相談24時間受付中!

24時間365日全国受付対応! フリーダイヤル 0800-805-7828 携帯電話・PHSからもお問い合わせ可能!

ガラス修理業者を無料ご紹介 業者ご紹介申込

2013-7-2

ガラス交換への意識の高まり

最近はガラス交換への意識が高まりつつあります。
そんな中、ペアガラスにガラス交換したけれど、ガラスの内部に水滴がついている。これって何だろう?という自体が稀にあります。ペアガラスはガラスとガラスの間に空気層がありそのため熱伝達を起こりにくくしています。その間にある空気というのが乾燥空気で、乾燥空気とは水分を含まない空気です。
しかし、何らかの原因で水分を含む空気が紛れ込んでしまったことによりガラス内部に結露が生じることがあるのです。勿論ペアガラスは正常な状態で外部から一切の空気が入らないよう特別な加工が施されていますが、もし、何らかの原因で外から空気が紛れ込むとガラス内部が曇り、内部結露の原因となります。
中には小さな穴があいていることもあり、外からの空気が内部に入り込み、乾燥空気が外部へと漏れ出してしまっていることもあります。その結果、結露どころかガラス内部に水が溜まってしまったというような最悪の状態になってしまうこともあります。これでは、せっかくペアガラスにガラス交換しても、断熱効果は下がり、見た目もひどいものです。
このようなことが稀に発生するため、ペアガラスにガラス交換した際には通常10年間の保証が付いているわけです。ガラス交換した際には万が一のためにも保証書を大切にとっておきましょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る