ガラス修理・交換のことならガラス修理なび!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7828

スタッフ待機中

ガラス修理の無料相談24時間受付中!

24時間365日全国受付対応! フリーダイヤル 0800-805-7828 携帯電話・PHSからもお問い合わせ可能!

ガラス修理業者を無料ご紹介 業者ご紹介申込

2016-11-22

ガラス修理で白ヤケ除去を

忘れがちではありますが、ガラスも経年劣化は避けられません。そのため、小まめなお掃除が必要なのです。通常の汚れなら専用の洗剤や雑巾などで簡単に拭き取る事ができますが、長く汚れが放置されたガラスは、それだけでは汚れを落とす事が困難になってしまいます。中でも、ガラスの「白ヤケ」は多くのガラスで発生する恐れがありますのでご注意ください。
ガラスの白ヤケは水分が原因です。ガラスに付着した水分が放置されていますと、やがてガラス内部のナトリウムが水に溶け出します。次第に水分は蒸発し、残った水分は濃度の高い水酸化ナトリウムとなります。これがガラスの表面を変質させてしまうのです。さらに水分が蒸発しますと、次第に空気中の二酸化炭素と反応し、炭酸ナトリウムや炭酸水素ナトリウムとなってガラスの表面に付着します。このサイクルが繰り返される事によって、ガラスの白ヤケが発生するのです。
白ヤケが発生してしまった場合、その除去のためにはガラスの研磨が必要になります。その作業については、専用の道具を持ったガラス屋にご依頼ください。白ヤケする前の、綺麗な状態のガラスを取り戻してくれる事でしょう。ガラスの劣化の中には、白ヤケ以外にも紫外線による変色や、ガラスの反射光が虹色に見える青ヤケなどもあります。それぞれにあった施工方法がありますので、このようなガラスをお使いでしたらガラス屋にご相談されると良いでしょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る