ガラス修理・交換のことならガラス修理なび!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7828

スタッフ待機中

ガラス修理の無料相談24時間受付中!

24時間365日全国受付対応! フリーダイヤル 0800-805-7828 携帯電話・PHSからもお問い合わせ可能!

ガラス修理業者を無料ご紹介 業者ご紹介申込

2016-5-27

ガラスが割れる原因

窓ガラスは外部からの雨水や飛来物を住宅に入れず、また外の景色や訪問者を確認するためにも欠かせないものです。窓ガラスには一般的に良く使われているフロート板ガラスや合わせガラスなど様々なタイプがありますが、いずれにしても強い衝撃を加えることで割れてしまいます。ガラスが割れてしまう原因としては強く身体をぶつけてしまったり、物をぶつけてしまうことが挙げられますが、衝撃を与えなくても自然に割れてしまうことがあり、この自然に割れてしまう現象を「熱割れ」と言います。熱割れとは外部の気温と内部の気温の差が著しい時、ガラスの引張応力が働き負荷がかかってしまうことでガラスが割れてしまう現象のことで、激しく割れはしないものの、気が付かないうちに割れてしまうことがあるのでガラスの周辺にいる場合は危険を伴う可能性もあります。また、ガラスが自然に割れてしまう現象で「錆び割れ」というものもあります。錆び割れの場合はサッシ部分が雨水などで錆びてしまい、膨張することでガラスを割ってしまう現象で、熱割れ同様にいつ割れてしまうか予測が出来ません。このように、人為的ではなく自然にガラスが割れてしまうこともあるので、室内と外部の気温の変化や結露には注意しておきましょう。もし、ガラスが割れてしまった場合は機能性、安全性の両方が損なわれてしまうので急いでガラス修理やガラス交換を行っている業者の方に対処してもらうことが賢明な判断です。また、ガラス片が落ちている場合は家族やペットを周辺から遠ざけ、怪我が無いように処分することも忘れないようにしましょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る