ガラス修理・交換のことならガラス修理なび!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7828

スタッフ待機中

ガラス修理の無料相談24時間受付中!

24時間365日全国受付対応! フリーダイヤル 0800-805-7828 携帯電話・PHSからもお問い合わせ可能!

ガラス修理業者を無料ご紹介 業者ご紹介申込

2016-1-20

外的要因の影響も

身の回りにある建物を見渡してみると大半の物には、ガラスが取り付けられていると思います。 ガラスを取り付けておくことで、外からの光をと入れたり、建物の中からその状況を確認したり、と様々なメリットが存在します。 しかし、ガラスは注意しないと割れてしまうというとデメリットがありますので、ガラスの目の前では割らないように注意する方がほどんどだと思います。しかし、自分がいくら注意していても防ぐことが出来ないトラブルも存在します。それは、天候を始めとした外的要因です。例えば、台風などは、建物が自ら移動しない限りは回避することが出来ませんし、外から飛来した物体を避ける事も出来ません。 このようにガラスというものは、意外と多くの危険に晒されているものなのです。そこで考えておきたいのが、ガラスが割れてしまった時の対処法です。ガラスは割れた瞬間に鋭利な刃物と変化しますので、迂闊に触れると怪我をする事があります。また、窓に残ったガラスが、落ちてくることもあります。このようにガラスは、割れた瞬間に危険度が一気に増しますので、迂闊に触らず、適切な作業が出来る人間に処理を任せるのがおすすめです。 普段何気なく眺めているガラスですが、危険度を再認識しておきましょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る